Hikari is here - ソフトウェアエンジニアinニューヨーク

米国学部卒のソフトウェアエンジニア生活

米国の女性コンピュータサイエンス専攻向けコミュニティを紹介します

はじめに

米国の就活ではネットワーキングがものを言います。

社員が知人や知り合いを会社の空いているポストに推薦するリファラルをはじめとし、ネットワーキングをすることで、就活がよりスムーズに進みます。

ネットワーキングを上手くやるには、特定のグループやコミュニティに入ることも効果的です。コミュニティ内で新しい友人やメンターを探すのもいいでしょう。また、それらのコミュニティに向けて、会社が説明会などのイベントを開くこともあります。それらに参加するためにも、入っていて損はないでしょう。

以下、米国で女性のコンピュータサイエンス専攻の人向けのコミュニティを紹介します。無料です!(私は有料のものは使っていません。) 私が入っていて特に良かったものにはおすすめと書いています。

Rewriting the Code

大学学部生、大学院生向け。主にアメリカの女性CS専攻と繋がれる。

Facebookグループは非常にアクティブで、質問も気軽にできる。また、所属している学生の大学やインターン/就職先がバラエティにとんでいる。なので、例えば、ある企業で働くのに興味があるといったときに、質問を投げると誰かしらが反応してくれる。

所属している学生のモチベーションが高く、(私のような地方学生などには特に)いい刺激になる。いろいろな企業とコラボ/提携して説明会やリクリーティングイベントなどを行う。

フェローシッププログラムがあり、フェローは特に手厚く就活支援を受けられる。フェローシッププログラムは2021年春に中止となりました。(希望する人には区別なくサポートを提供するというコミュニティの目的のため)

オンラインのポータルも充実していて、イベントやワークショップを頻繁に行っているので是非。総合的に見て、とてもおすすめです!

teamrtc.org

Women Who Code

全世代の女性エンジニア、およびテック業界で働く女性向け。こちらも社会人が多め。今回紹介する中で一番規模が大きいコミュニティで、世界各地に支部がある。(Tokyoにも!)ワークショップやカンファレンスが頻繁に行われていて、プレゼンテーションやワークショップの種類も多様なので、得られる知見の幅が広いNo.1。

スタディグループやスラックのグループもニュービーにもウェルカムでとても良いんですが、私の特におすすめはジョブボードとメールマガジン

ジョブボード(womenwhocode.com/jobs)は、直接会社のポシジョンに応募できて、会社の採用ページから応募するよりも、反応があった気がする。

メールマガジン(メンバー登録したら送られてくる)は、イベントの告知はもちろん、Women Who Codeがスポンサー/関わっている、無料または割引で参加できるカンファレンスに関する情報が載っている。カンファレンスごとにGoogle Formがあり、そこに自分の情報を記入して応募する。私はこのシステムを活用して、2019年にニューヨーク市であったWomen Who Codeのカンファレンスに無料で参加させていただきました。(とても楽しかった。)

応募は気軽にでき、またカンファレンスのバラエティも豊富なので是非!

www.womenwhocode.com

Built By Girls

高校生、大学学部世向け。CS専攻を中心とした、テクノロジー分野に興味のある人たちのコミュニティ。

メンターシッププログラム(builtbygirls.com/about-wave)があり、自分の興味に応じて、テック分野でプロフェッショナルとして働くメンターとマッチする。そして、メンターと月一で相談やアドバイスを受けることができる。 私は一時期プロダクトマネジャーに興味があった時期があり、その際にAmazonでTechnical Program Managerとして働いている方とマッチして、PMについて学びました。また、DellのSenior Software Engineerの方にもメンターになっていただいて、SWEとして成長するためにはどうすればいいのかなどのアドバイスを受けました。

インターンシップがたくさん載っているジョブボード(jobs.builtbygirls.com/)があり、そこから会社のポジションに応募できる。あとは、スキルを身につけるためのイベントへの招待、テック業界内外のネットワークへのアクセスなど必要なサポートを受けることができる。

メンターシッププログラムがとてもおすすめです!

builtbygirls.com

Tech Ladies

全世代の女性エンジニア、およびテック業界で働く女性向け。学生の割合は前の二つと違い少なめ。有料のメンバーシップに入ることで、頻繁に開かれるワークショップやプレゼンテーションに参加し、知見を高めることができる。(私は入っていません)

コミュニティに所属する人向けのジョブボードがあり、私はすごく気に入っていた。そのジョブボードから直接会社のポジションに応募できる。ここのジョブボードから応募した方が、会社のホームページから応募するよりも、反応があった気がする。

なので、ここのジョブボードを活用するのがおすすめです!

www.hiretechladies.com

Girls Who Code

テクノロジーに興味がある小学生から大学生向けのプログラムを行う。プログラムは学年ごとに異なるが、大学生の場合、各大学でGirlsWhoCodeの支部(サークル的な)を作り、ネットワーキングができる。全米に支部があり、他の大学の人とも交流できる。

自分の大学でテックに興味がある女性むけのコミュニティを作りたい!なんていう人には特にうってつけです。

girlswhocode.com

Women Techmakers

全世代向けにGoogleが行うプログラム。テクノロジー分野の女性のためのコミュニティとリソースを提供いる。時々、奨学金のアプリケーションがオープンするのでチェックのが良き。私は最近知ったので、まだリサーチ中。

www.womentechmakers.com

アメリカの保険が良くわからない人向けに、これだけ覚えといたら耐えると思うことをまとめておく

はじめに

こんにちは、私はそこそこ長い期間アメリカに住んでいるにもかかわらず、保険の仕組みについてほぼ何も知りませんでした。保険の説明書見てもなんか良くわからない単語がたくさん並んでいるし、そもそも保険の仕組みがいまいちわかってなかったり、病院へ予約の電話をかけるのも恐ろしかったり、勉強で忙しかったりで、後回しにしていました。健康でしたので、年に一度日本へ行った際に病院を回って健康診断をした方が自分的にはイージーでした。

しかし、いつまでもそんなことは言ってられません。また、雇用にひもついてくる保険のオプションから、自分にあっているものを自分で選択する必要がありました。

ここには私のような人向けに、必要最低限分かっていたら大丈夫だろうと思われることを例を使って解説します。

知っておくのがマストな用語

Premium(プレミアム)

保険料のことです。保険会社に支払う料金で、雇用主によっては一部・全額負担してくれたりします。

ネットワーク

保険会社が契約している医師、病院、ラボなどのこと。

行く病院や医師が保険のネットワークに入っているかによって支払う医療費が変わる。

HMOとPPO

保険の種類の一つ。ざっくりいうと

  • HMO(Health Maintainance Organization): ネットワーク外の病院とか医師にかかると保険が全く効かない、専門医を受診するには主治医の紹介が必要、保険料が安め
  • PPO(Preferred Provider Organization): ネットワーク外の病院や医師にかかっても保険が効く、専門医を受診する際に主治医の紹介が要らない、保険料が高め

最近はこの二つの中間的なものもあったりするけどメジャーではないので割愛。

Deductible(免責額)

医療費が保険によってカバーされる前に、一定額自分で全額支払わなければならなかったりする。その金額のこと。800ドルだったり3000ドルだったり。

Coinsurance

支払った医療費がDeductibleを超えると保険が適用される。その際に、保険でカバーされる医療費の割合の残り、つまり医療費に大して患者が支払う払う割合のことを指す。10%だったり20%だったり。

Out of Pocket Maximum(自己負担限度額)

患者が支払った医療費が一定金額を超えると、そのあとは保険が全額保証してくれる。その金額のこと。自己負担をする最高額のこと。1500ドルだったり6000ドルだったり。

Copay

自分の保険が保証する医療サービスを受けたときに病院等に一定額支払う金額。サービスによって金額が違ったりする。また、サービスによっては一切払わなかったりして良くわからない、、、言われたら払う

例として、ある人がPPOの保険を持っているとしましょう。そして、

  • Deductibleは1500ドル
  • Coinsuranceは10%
  • Out of Pocket Maximumは3000ドル

としましょう。(これらの情報は保険に加入した際にもらえるベネフィットの説明書に書いてあり、また、各保険会社のポータルで、ウェブ上でも確認できます。

年の初めに健康診断のためにプライマリケア(主治医)に行くとしましょう。Copayを払うサービスの場合は診察を受ける前に受付で払うように言われます。そうでない場合は診察の日は何も払うものはなく、後日請求書がきます。その日は窓口で支払うものは何もないと、Copayではないんだなーとわかります。今回は、Copayを支払うよう言われなかったとします。

そして、診察をして帰宅して、数週間後に自分のもとに請求書が送られてきてそこで初めて自分がいくら払わなければならないのかわかります。請求書に書かれている金額が500ドルで、自分がその年に一度も病院に行っていなければ、シンプルに500ドル払います。(Deductibleの額に達していないので全額自分が払う)

その健康診断の後、専門医のもとにかかり、2000ドルの請求書がきたとしましょう。すると、請求された額は合計で2500ドルとなります。この額はDeductibleの額を超えます。Deductibleを超えた額から、Out of Pocket Maximumまでの額はCoinsuranceのパーセンテージに基づいて、保険会社と折半です。この場合、2500-1500=1000で1000ドルが折半です。Coinsuranceが10%ですので、保険会社が払う割合が90%、自分が払う割合が10%となります。この場合、自分が払う金額は1000ドルの10%、1000*0.1=100ドルとなります。

もし、その後足を怪我して救急で手当てしてもらい、3000ドルの請求がきたとしましょう。すると、その年に請求された額の合計が5500(500+2000+3000)ドルとなります。この額はOut of Pocket Maximumの3000ドルを超えています。超えている分(5500-3000=2500ドル)に関しては、保険会社が全て支払います。その分は自分では支払う必要はありません。残りの500ドル(3000-2500)はDeductibleになるので、保険会社が90%を、自分が10%を払います。

他の例として、背中が痛くなり、整骨院に行ったとしましょう。受付でCopayを払ってくださいと言われたとしましょう。大体10から数十ドルをその場で払います。この場合、診療後に請求書が来ることはありません。受付でCopayをすでに払っているためです。

最後に

うまく解説できたかあまり自信がありませんが、大体こんなところです。病院から来る請求書にとりあえず払えばいい金額は書いてあります。保険の良し悪しを判断するのに知っておくのが大事かなと思います。読んでいただきありがとうございました。いい1日を。

なぜ米国学部でコンピュータサイエンスを専攻しようと思ったか

前置き

私は2015年に高校を卒業し、日本の大学に進学、そして2016年に日本の大学を中退し米国の大学(リベラルアーツカレッジ)に進学しました。コンピュータサイエンスと経済を専攻しました。2020年に米国の大学を卒業に、現地で就職し今に至ります。

日本の高校から米国学部に進む人って結構限られています。そのことに関しては以前別の記事で書いたので興味があれば読んでみてください。

hikari-is-here.hatenablog.com

今回はなぜ私が学部でコンピュータサイエンスを専攻するに至ったかを簡単に紹介します。

コンピュータサイエンスとは

この方が素晴らしい記事(https://note.com/shinya_recursion/n/n180db20428a0)を書いてくださっています。一部抜粋すると、

コンピュータサイエンス(以下CS)とは、ソフトウェア開発、データ処理、人工知能、データサイエンス、アルゴリズムなどといった計算の理論や情報の処理に関する学問です。簡単に言うと、コンピュータを使って、工学、理学、数学を扱う学問

専攻するに至った理由

ブラックボックスの中身に対する興味

そもそも、私は高校生の時は理系でも情報系でもなく、文系でした。

そんな中で、パソコンやインターネットを使っていて、これはどんなふうに動いてるんだろう、と思ったのがはじまりです。

電化製品一般って直感的に仕組みが理解しにくい(/できない)気がします。英語でそのようなもののことを、Black boxと言います。そういうものに対してどういう風に動いているんだろう、という興味が割とありました/あります。

中でもインターネットは日々プロアクティブに使っていたのでその興味が強かったです。

体系的に学びたい、なんか面白い、感動

その興味のおかげか、高校在学中に、インターネットってどうゆう仕組み?と不思議に思い、そこから初心者向けのプログラミングの本を買って一通りやりました。しかし、それがどうインターネットで見れるアプリケーションの仕組みにつながっているかのメカニクスが良くわからず、また、受験向けの勉強に忙しかったので、放置していました。

その時点で、独学でプログラミングを学ぶことは可能かも思いました。しかし、

  • 大学で取ったコンピュータサイエンス入門の授業が自分が予想していたよりも面白かったこと

  • アルゴリズムとかを学んでいけば行くほど、人類はこんなにスマートな物やアイデアや解法を生み出したのか!!!と感動したこと

  • 数学はあんまり得意でなくても耐えること

  • プログラミングを含めたコンピュータサイエンス(情報処理の理論とか)の全体像ってありとあらゆる自動化の基幹的存在になりうるのでは?という予想

これらが大学で体系的に勉強してみようというモチベーションになりました。

STEMの学位は何かと役に立つ

これは割と後付けの理由なのですが、学位が職種に直結する社会(例、アメリカ)で職業を探そうとすると大事なことなので追加しておきます。STEMの学位を持っていると、米国市民権・永住権を持っていない人でも大学卒業後それなりにアメリカで働けます。別記事で書く気がするので、あまり長く書きませんが、CSを専攻している(/た)友人であまり職探しに困っている人を見かけません(例外もたくさんあるかもしれませんが)。

最後に

思っていたより少ない理由というか、あっさりしてて自分でもちょっと驚きました。学問として興味があった、という一つの強い動機だけで専攻できました(Surprisingly)。大学の四年間を自分が興味のある分野の勉強に使えたのは貴重だなと思います。

読んでくださりありがとうございます。あまり文章を書くのは上手くないかもですが、気が向いたらまた何か書きます :)

【米国学部留学】なぜ米国の学部(リベラルアーツカレッジ)に進学しようと思ったのか

誰がこれを書いているのか

私は2015年に高校を卒業し、日本の大学に進学、そして2016年に日本の大学を中退し米国の大学(リベラルアーツカレッジ)に進学しました。2020年に米国の大学を卒業し、コロナ禍にアメリカで就職し今に至ります。

なぜこれを書こうと思ったのか

  1. 割と思いつきだけど、日本の学校から米国の学校に進学するのってわりとプロアクティブな行動だな、と今振り返ると思ったので、その行動の元にあったものを言語化しようと思いました。
  2. あと高校卒業後日本の大学に在籍してる間(2015年)に作った、親に理由を説明するための資料が出てきた。この資料を使わない手はないと思った。
  3. 私はわりと米国学部進学を親に理解してもらうのに時間がかかったケースだと思うので、似たような状況の人の参考になればいいなと思いました。

背景

私は高校在学時に米国進学を親に説得することができず、一旦日本の大学に進学しました。その後、日本の大学を休学して米国大学進学への準備をし、晴れて米国へ渡りました。休学している間に、どうしても米国進学を諦めきれず、親にモチベーションを説明するための資料を作りました。

以下載せてある理由は、前述の資料を抜粋し、改良を加えたものです。

米国の学部(リベラルアーツカレッジ)に進学した理由

1. リベラルアーツカレッジでの学び方が自分の興味のあり方と沿っていた

学部に縛られない幅広い勉強をしたうえで専攻を決定したい。それを基盤に職につきたい。 大学(リベラルアーツカレッジは特に)は大学院とは異なり、自分の興味のあるいろいろな分野をつまみ食いで勉強して、専門を決められる数少ない機会だと考えていた。
もともと興味のあった分野は幾つかあったが日本の大学のシステム上それらを同時に、大学内で体系的に学ぶことは難しそう。一度学部が決まってしまうと、それ以外の分野は学びにくくなりそう。 選んだ分野を学んでいるうちに、ほかの分野にも興味を持ち始める。自分の関心に応じて別の分野の授業を並行して勉強して、その中から本当に自分が学びたいと思い続けられることを専攻できるアメリカ(リベラルアーツ)の大学システムがあっていると思った。

2. マイノリティとして生きるとはどういうことか知りたい

幼少時から高校まで日本で暮らしてきて思うのは自分は何も知らないということ。高校での国語の授業や大学生 になったことを通し、自分の世界の知らなさを痛感した。偏った視点からものを見てしまうのを直したい。
そのために自分が少数派の生活をして、自分が過ごしてきた世界を遠目から見ることが大事なことの一つだと思う。

3. 英語を学術レベルで使えるようになりたい
4. ラベルをはがしてみて自分はなんとかなるのか興味がある

学校名や会社名(レッテル?)によって、私の中身まで予想されることや自分自身のアイデンティティの多くを占めることに違和感を感じて生きてきた。
あえて、あまり名前の知られていないコミュニティに身を置くことや社会が自分につけるラベル(OO大卒、OO勤務)を剥がしてみてで、社会はどこまで私を私のスキルをベースに評価するのか(orしないのか)興味がある。自分自身で社会実験するみたいな感じ。

まとめ

昔の自分の言葉を読んでみて、割となんだか考えがあったんだなー、と昔の自分に少し感心しました。 また、これらの理由が、実際に妥当なものであったに関しては、別の記事に書こうと思っています。 読んでいただきありがとうございました。 Like,コメント、購読していただけると励みになります。今日も良い1日を!

誰がこれを書いているのか - Who am I?

名前

ひかり

居住地

ニューヨーク市

経歴

小中高日本で育つ

高校卒業後日本国内の大学進学

一年で中退し米国のリベラルアーツカレッジに進学(コンピュータサイエンスと経済を専攻)

大学を卒業(Class of 2020)

大学近くのスタートアップにソフトウェアエンジニアとして就職

三ヶ月後シカゴのフィンテックにソフトウェアエンジニアとして転職(再就職?)

記事を書き始めたきっかけ

米国の学部、特にリベラルアーツカレッジを卒業して現地に就職した人って少ない、ゆえに日本語での情報もあまりない。自分が多小なりとも、日本語の情報を増やせたらいいなと思った。

あと、学部新卒で、米国で、ソフトウェアエンジニアとして、女性が、日本語で情報発信することで、日本の女子中高生(や他の人々)に、米国でのソフトウェアエンジニアとしての、キャリアが選択肢としてあることを発信したい。

 

よろしくお願いします